実は、私、趣味で作詞作曲をしています。
現在22歳で11歳の頃から作詞を始めたので、
もうかれこれ10年以上続けているんですねー・・・。

「作詞って難しいなぁ」と思う方も多いと思われますが、
1年も書き続ければ、割と様になってきますよ!
かくいう私も、書き始めた当初は、
「命を大切にしましょう 命は素晴らしいものです」
とか美辞麗句しか書けなくて(笑)
アート性の欠片もないものでした。しかし、そんなものです。

作詞の世界は自由です。アートの世界です。
積み木で、粘土で、自由な世界を作っちゃいましょう!
そんな感覚でいいんです。

例えば、空が青ければ、虹が架かれば、美しいですよね。
そこから連想していくのです。
・空が青く澄み渡っている→明日への希望が見えそう
・虹が架かっている→何か奇跡が起きるかもしれない

明るい例ばかり出しましたが、
歌詞は暗い歌詞というも当然あります。
例えば、雨模様で、雷が鳴っていれば、気分も下がりますよね。
・雨が降っている→空が泣いているのかなぁ
・雷が鳴っている→カエルたちもびびっちゃうよ

みたいな(笑)
いざ書いてみるとうまく例が出せませんが、
歌詞は自由です。
中には「歌詞はこうあるべき!」と堅苦しい考えを持つ人もいますが、
私はもっともっと自由であるべきだと思います。それがアートです。

もう少し高度な例を出すとすれば、
「プラスチック」「テトラポット」とか、
なんとなくそそられる言葉ってありますよね(私だけでしょうか)。
歌詞にすると、
「プラスチックな感情」
「テトラポットで塞いだ昨日」
みたいな表現が出来たり・・・。
「???」と感じた方がほとんどと思われますが、
人の美意識は自由です。くどいようですが、そこがアートの醍醐味です。
アートは自由なんです。

歌詞を書きたいなぁという方の参考になれば、幸いです!


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/m010c024/public_html/bigbuildings.net/wp-content/themes/peacock/comments.php on line 38