おろし金が行方不明になりました。
長年使っていたもので持ち手の部分にひびが入っており、食材をおろすたびきしんでいたのでそのうち「ポキッ」といってしまうんだろうなとは思っていました。
そのため家族の誰かが捨てたのかと思いきや、だれも捨ててないと言う。
仕方がないので新しいものを買いました。
まぁ、時期が少し早まったということで……。

買ったのは貝印の「アルミおろし器」です。
これまで使っていたのはおろす部分に穴が開いているタイプだったのですが、こちらは突起になっているタイプ。
初めての形状でしたが安かったので購入……と思ったら、これが予想以上にいい!

そもそもなんでおろし金が消えたからといって出てくるのを待つでもなく急ピッチで購入したのか。
それは生姜です。
うちはおろし金をとにかく使います。
1日3回ほど使います。
たいてい、生姜をおろして飲み物にいれるためです。
そのため、うちの家庭におけるおろし金の使用頻度はかなり高いのです。

そして新しく購入したこの貝印のアルミおろし器、生姜がかなり細かくなるんです。
前に使っていたのはすりおろせるものの繊維は残り、飲み物に混ぜると底に繊維がたまってしまっていました。
また、のどにもつっかかります。
しかし家で生姜をおろしたらまぁこんなものなのかなと特に不満もなく普通に使っていたら……全く違いました。

この新顔ちゃんは繊維まで断ち切って、かなーり細かくおろしてくれます。
コップにも残らず、のどにのつっかえません。

期せずして購入したものでしたが、思わぬ良質な出会いでした。


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/m010c024/public_html/bigbuildings.net/wp-content/themes/peacock/comments.php on line 38