普通の人よりは多少柔軟性があるとはいえ、この時期の寒さも手伝って、油断しているとたちまち軟度が落ちてしまう。

それを今日、柔軟トレーニングのときに感じた。

この時期はとくに体を冷やすとろくなことがないので冷やさないよう気をつけてはいる。

その上で、冬だから寒いから寒いからと、何でもかんでも言い訳のように寒さのせいに責任転嫁したくはない

そんな考えからも、今日の予定だったステッパーエクサに入る前のウォーミングアップストレッチの段階ですでにかなりハムストリングスの裏側やひざ裏がこわばっていたため、こりゃあいかんと思い、急きょステッパーを中止にして念入りに時間をかけて脚全体の裏側をあの手この手でほぐしてやることにした。

30分以上ぐらいして、ようやく全体的に緩んできた。

コンディションがいいときのように、いつでも可動域がMAXに伸びるのを自分の当たり前にするのは簡単ではないと、いつも思い知らされている。

前後開脚にしても何にしても、いつでもそれが当たり前のように理想的にビターーンと地面に脚の裏側がくっつくぐらいのコンディションでいられるよう、これからも定期的に柔軟をしてやりたい。

今のような冷えこみが厳しくなってくる時期はなおさら意識する。

ガチガチに決めたことを実行するのではなく、いつもの、体の声を聞いてこそのフィットネス。

とりあえず今日もアタマや方針の方は柔軟的に変更できたので、よしとしよう笑。

これから週末デトックスも兼ねてアロマキャンドルバスに浸かって心身を温め、首筋あたりのストレッチをしつつもいったん脳や心身をリセットしようと思う。


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/m010c024/public_html/bigbuildings.net/wp-content/themes/peacock/comments.php on line 38